永遠

from 29 by わたしのココ

/

lyrics

今もまだあなたは 覚えてるかしら
雀たちの集う 懐かしい床の間を
長い橋を渡り 宵闇来れば
行き交う人々の 姿もコマ送り

目まぐるしい 紙芝居
少しずつ違う絵を繋ぎ
張り巡る 糸を引き
道化師が微笑む

時は流れを止めて ただ重なり行くだけ
幾千の瞬間を 束ねた千羽鶴よ
綺麗だった私の 背中をピンで止めて
折に触れ取り出して 愛でていたあなたでした

あなたの浴槽に 私 残した
黄色い残り香を 全部飲み干したら

交じり合う 体温に
たましいが包まれたなら
刻んでた 秒針も
暗い床に落ちる

幼い日々に見えた まぼろしの数々も
戻らない瞬間に 挟んだしおり達よ
綺麗だった私の 背中をピンで止めて
何時の日も何時までも 愛でていくあなたでしょう

喜びも 悲しみも 凍った時の中で・・・

credits

from 29, released December 23, 2017

license

all rights reserved

tags

about

わたしのココ Japan

This is a fictional music unit "watashinokoko".

Using synthetic voice LaLaVoice,we present original songs and introduce Japanese traditional music.

contact / help

Contact わたしのココ

Streaming and
Download help

Report this track or account

If you like わたしのココ, you may also like: